スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
大好きな焼肉屋さん『まんぷく』。

4_1.jpg



予定日1日前。

夫が来てくれたし焼肉も食べたのでいつ産まれてもO.K!
陣痛or破水が来たらどうしようってより、いつでも来いっ!って感じ。
緊張感はあるけれど、恐怖感はない。

どれほど痛くて苦しいものなのかチョッと楽しみ。(甘く考えすぎよね 笑)



子がいる実感というか・・・
今お腹にいる子が出てくるというか・・・
子が自分の子というか・・・
自分が母になるとか・・・

そんな実感がまだ薄いから、実際のモノ(笑)が出てきたらどんな風に実感が沸いて感情が動くのかが楽しみ。



スポンサーサイト
妊娠後期 | コメント(0) | トラックバック(0)

10ヶ月検診⑥ (39w4d)

2009/12/18 Fri 00:00

今日も一応の一応のNST。

子はずぅ~っと寝ていたらしく、今日の看護師さんは起きるまでそっとしておいてくれたので1時間くらい計測してた。
寝ている間の心音はパッカパッカパッカパッカと馬の駆足のような規則的で優雅な音。
どこまでも心地いい。
(起きている状態を測定しなきゃなので、どこまでも心地いいなんて言ってたら終わらないんだけど・・・ 笑)

結果、今日も問題なしとのことで「心拍低下問題」は問題ないでしょうとの結論をいただきました♪




明日から長い冬休みを取って夫が来てくれる。

子には「父ちゃんの出ておいで!の掛け声聞いたら出て来るんだよ。」と話しかけ、今日までは出てこないようにお願いしていた。
明日からは少しでも早く出てくるようにお願いすることになる。(欲を言えば、日曜日に予定している焼肉を食べた直後に。)
勝手な親です・・・。(苦笑)

しかぁ~し、張りも子宮口の開きもほとんどなく先生からは「遅れるかもね。」のお言葉。
はたしてどうなることやら。




妊娠後期 | コメント(2) | トラックバック(0)
1_20091215114730.jpg


戌の日のお参りのとき以外使わなかったさらしの腹帯。
以前にも書いたようにチョッとチャレンジしてみたい「おむつなし育児」と「布おむつ」。

お試し用に腹帯分だけ作ってみた。
姉が使っていた腹帯も出てきたので3枚分の腹帯から9枚の布おむつが完成♪
(ちなみに・・・、腹帯をいただいた神社によってオムツや雑巾などに使うことをヨシとしない所もあるようだけど、私的には「神様はそんな小さなこと言わない!」と信じているので感謝しつつオムツにも雑巾にも使わせていただきます。)

私の腹帯は1回しか使わなかったのでゴワゴワ感があるが姉の使い込んだ腹帯は何とも柔らかくて気持ちいい~。
この布おむつをあててもらえば子も気持ちいいだろうなぁ♪

おむつカバーは布おむつ実践中のお友達のアイデアをいただき紙おむつを使う予定。


はてさてどうなることやら。


さらしの肌触りのよさに、思わず余った部分で枕カバーを2枚追加作成♪
妊娠後期 | コメント(0) | トラックバック(0)

10ヶ月検診⑤ (39w2d)

2009/12/16 Wed 00:00

念のためのNST。

計測中ずぅ~っと動いていた。
もちろん結果も問題なし。

ホッ。



なんだか今日一日、いつもより多めに胎動を感じた。
子が私を安心させようとしてくれたのかな。
妊娠後期 | コメント(0) | トラックバック(0)

10ヶ月検診④  (39w0d)

2009/12/14 Mon 00:00

いつもは火曜日に行っている検診だけれど、前回の検診時「他の先生にも見ておいてもらったら?!」との先生の提案により今回は1日早く月曜日の今日の検診。
(コノ病院は先生が4人いらして曜日・午前・午後によって担当先生が違うのです。)


いつものように検診前にNSTです。
いつものように子の心音を心地よく聞きながらウトウトしていたら・・・

看護師さんが駆け込んできてお腹につけているセンサーを探りながらもナースコールを連打して「ストレッチャー!早くぅ~!!」と叫んでいる。
私は何が起こったか全く分からないままストレッチャーに乗せられ連れて行かれてしまった。
その間も「深呼吸してー!」とか言われるのだけれど、私には何の自覚症状もなく人違いじゃないですか・・・?って感じ。

で、ストレッチャーに乗せられたまではいいけれど、どうやら運ぶべき部屋に空きがないらしく看護師達は大慌て。
結局「オペするわけじゃないけどねー!ゴメンねー!!」と言われながらオペ室に運ばれ、酸素マスクを装着される。
そこで経過観察。

どうやら急に子の心拍が低下したために大慌てしたらしい。
でも運ばれた後は心拍も回復して問題なかったらしいけれど。

私には全く自覚症状がないし子も直前まで元気に動いていたので、子が元気よく動いて移動したためセンサーが心音を捕らえにくくなったのでは?くらいにしか思えず、看護師さんの動揺をよそに私は余裕。

オペ室の一室では隣の分娩室で産まれた産まれたての赤ちゃんが運ばれてきて検診したり、もう一つの分娩室からは陣痛のうめき声が聞こえてきたり。
私はその後オペ室から分娩室(と言ってもフリースタイルなので普通の部屋)へ移動し、引き続き経過観察。
出産直後の赤ちゃんの検診の様子を見たり、分娩室の雰囲気を体験できてすっかりリハーサル気分を満喫した私。

一応問題ないだろうけど念のため夜もう一度来院して長めのNST。
夜のNSTは全く問題なし。じゅうぶん元気♪

結果、一時的に何かの拍子でへその緒が圧迫され心拍が低下したのではないか。
何かの拍子とは子が自分でへその緒を握っちゃうこともあれば、どこかに挟まっちゃうこともあるし、ただそれが解けずに継続的に低下すれば問題だけれど一時的なものは気づかないけど普通に起こりえるもの。
ただそれがたまたまNST計測時に出ちゃったから大騒ぎになっちゃったんだねーとのことだそうだ。
おかげで通常の検診より詳しくエコーで確認してもらえた。


ほぼ大丈夫だろうけど一応の一応で2日後に再度検診しましょうとなりました。
予定日まであと1週間、普通以上に検診してもらえるのは安心できるのでうれしい。


でも夜、就寝する頃になってからチョッとづつ怖くなってきた。
母体に自覚症状がない状態で心拍が低下していることがあるなんて・・・。
知らないうちに死んじゃう可能性があるなんて考えもしなかった。

気にし始めると胎動がいつもより弱い気がしてしまう。(そんなことないのよ。)
胎動がしないと苦しんでるんじゃないかと思ってしまう。(ぐっすり寝ているだけよ。)


元気に出てくることを疑ってなかったけど、やっぱり出産って最後まで分からないものなのね。
もう少しの時間を大切に、大切に。


それにしてもオペ室で見た産まれたての赤ちゃん可愛かったなぁ~。
赤ちゃんって本当に赤かった♪

妊娠後期 | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。