スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

出産記録

2010/01/22 Fri 00:00

出産時の記録をupしました。

出産記録 ①
出産記録 ②
出産記録 ③
スポンサーサイト
出産記録 | コメント(0) | トラックバック(0)

出産記録 ③

2010/01/03 Sun 00:00

3_20100118170442.jpg

2010年22時03分 誕生


子が出てきて「終わったぁ~。」とボォーっとしていたと思う。

意識がハッキリし始めたのは助産師さんが私の側にいた夫を呼び「ハイ、へその緒を切って!」と言ったときだった。
だから産まれてスグだろうな。
夫は予想外だったらしく、一大イベントを味わう間なく言われるがまま切っていた。(笑)

その後助産師さんが子を私の胸にポンッと乗っけてくれた。
希望していたカンガルーケアー。

私は痛いので顔をしかめながらも、あまりに小さく壊れそうな子を怖々と抱いていた。
子は泣いてたかなぁ?そんなに泣いていなかった気がするなぁ。(あまり覚えていない。)
とにかく色んな事に対してホッとした。

一時間ほど私達だけにしてくれた。
フニャフニャした我が子は驚くほど上手におっぱいを吸い始め、そして大量のウンチをした。(笑)



体重    2828g
身長    44.0cm
胸囲    31cm
頭囲    32.5cm
分娩時間 5時間57分
(病院に入ってからカウントすると18時間。陣痛が不定期だったため一応10分間隔になった頃からカウントしたとのこと。)



そうそう、フリースタイルでの分娩について。
結局はバランスボールにしがみつきながらの四つん這いでの出産でした。
動けてしまう分、暴れてしまったり力が入りきらなかったりしたかもしれないけれど、分娩台に固定されての分娩は想像できない。
良し悪しは分からないけれど、もう一度産むチャンスがあるならフリースタイルでもう少し上手に産みたいと思った。
(出産直後はそんなこと思えなかったけど1ヶ月弱経ってそう思う。)
出産記録 | コメント(2) | トラックバック(0)

出産記録 ② 

2010/01/03 Sun 00:00

2_20100115142345.jpg

陣痛の間隔は未だ不定期で弱いけれど、子宮口は完全ではないけれど開いてきていることと子は十分に下がってきているので分娩室に移りましょうといわれたのが18時半頃。

弱いと言えどもこの頃には陣痛の間隔のメモも夫にお願いするくらい十分痛かった。
これで分娩に至れば我慢できる痛みだったのだけれど・・・。



なかなかやってこない痛みに合わせいきむ。
「声を出していると産めないよ!うなるように!!」とか
「ウンチを出す要領で!!」とか
アドバイスをもらうもイマイチどこに力を入れていいのかわからない。
こうでもない、ああでもないと考えながらいきんでいたのでこの頃はまだまだ余裕があった。
そして次の陣痛までまた時間が空く。

その日は私の他に二人、陣痛の妊婦さんが控えているとのことで助産師さんもバタバタ。
やっと来た陣痛の時にアドバイスをくれる助産師さんが傍にいないことにイラっとする。
この辺りから私の理性は薄まり始めていたようで痛みに暴れ始める。
昼に聞いた隣の妊婦さんの暴れようをマネて、自分を解放し始めた。(笑)


陣痛はもっともっと強まらないと産めないのに、私は痛みの度に暴れ始め子への酸素供給が滞り始めた。
このままじゃ陣痛が来ない、促進剤を打ちましょうとのことに。(あんなに悩んでいたのにその時は「喜んでぇ~!」って感じ。)

促進剤を打ってからはもう大暴れ。
先生が入ってきたのも、点滴の針が外れて4回も刺し直したとかあまり覚えていない。
でも思う存分大暴れできたので気分的には開放的だった気がする。

出産記録 | コメント(0) | トラックバック(0)

出産記録 ①

2010/01/03 Sun 00:00

1_20100116135101.jpg

3分間隔の弱い痛み、陣痛なのかよくわからない痛みに一旦横になってみるも気になって寝られない。
お正月の集まりでシコタマお酒を飲んでイビキをかいて寝ている夫を叩き起こして病院へ。(午前3時ごろ)

翌朝入院の予定だったのでそのまま入院することに。

イテテテテテ・・・・とかウゥーーーーーと我慢できるギリギリの痛み。
陣痛の感覚やチョッとしたことをメモすることで気を散らす。



メモによると・・・

07:48 まだ7分間隔とのこと。
    子宮口は4cm。
    出血つづく。
    最大にオシッコに行きたいのを我慢している感じ。
    まだギリギリ耐えられる感じ。
    こんなんじゃないんだろうなー。


こんなんじゃなかったよ。(笑)


08:02 でも陣痛が引いている間に結構熟睡できるから不思議。

7分間隔の睡眠が30分くらい寝ていた気分だった。


14:47 隣の人の陣痛がすごく痛そう。3分間隔くらい?
     この後こうなるのかと考えるとチョッと怖いね。
     壁をゴンゴン叩いて「もうイヤー!」って。
     子宮口が開かないらしい。
     私は子宮口が開いているけれど陣痛が弱いとの事。


助産師さんが「隣の人は十分陣痛が来ているのに子宮口が開かない、あなたは子宮口も開いてきてるけど陣痛が弱い。足して2で割ると丁度いいのにねー。」って。

この後16時くらいから陣痛が強くなり、17時の時点で子宮口は7cm。
ただ陣痛の間隔が狭まらず、痛みもマダマダらしい。
朝の時点では早ければ昼過ぎにと言われ、昼の時点では夜にでもと。
とにかく陣痛さえ来れば早いでしょうとの事だったけれど、その肝心の陣痛が結局最後まで来なかった。


夫は陣痛に苦しむ私の足元で酔い覚ましに寝たり、運ばれてくる食事を私の代わりに平らげたり。
まぁ、そうやって平静でいることが私が一番落ち着くってことを心得ての態度・・・だったと思う。タブン。

出産記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。